<track id="nHblcBc"></track>
  • <track id="nHblcBc"></track>

        <track id="nHblcBc"></track>

        1. 我自己是邻近泡沫经济的后半期,亲身材验了这个时期。

          大约是1987~1992年左右,自己还在出版社负责企划方面的工作,在涉谷·新宿邻近渡过了那些岁月。

          说到待遇,除了工资之外,一年大概还能有4次奖金。公费旅游则是夏威夷或者关岛,住房费用全体由公司累赘,除了自己买的车之外,公司还会另外帮你配车。

          ·那个时期,每一天都可谓是挥金如土

          早上去公司上班,基础都是小轿车移动。

          (哪怕只是坐电车10分钟的距离,也会嫌麻烦)

          下班回家,在柏青哥(小钢珠店)随意一花就是3万日元,晚饭吃点寿司用5千日元。作为饭后娱乐,几个人约在一起租个卡拉OK包厢,这下又出去2万日元。最后加上停车费,约莫有个1万日元(停1小时大约600日元)。

          ·囮子志愿者

          经常会有这种情形:一到公司,上司就突然让你去其他公司的面试会场。

          等到了现场后,就只须要负责待在那里,回去的时候就能得到一个信封,里面大概塞了3万日元左右的现金。

          而将信封交给上司后,还会被教导该再多拿点零用钱。

          现在看来,真的是难以想象的光景啊。

          对于现在的我们来说,虽然那个时期总是能恣意享受百般娱乐,

          但一旦过于习惯了这种生涯方法,反而会对“普通(的日常)”觉得苦楚。

          “这个好玩的停止了,得赶紧去寻找下一个乐子!”

          “一天到晚什么都不做也太挥霍了,晚上睡觉也是挥霍时光!”

          ——相似这种想法遍地,但这同“为了自己真正想做的事,而感到没时光·只好通宵”的情形却有着很大不同。

          这正可谓是“娱乐中毒”。

          内在空无一物,仅仅只是徒有其表的幸福罢了。

          昨日与今日:许知远的日本行纪www.

          就此,许知远老师在知乎开设的专栏内容,也将通过独有的角度来展现所谓“日本”的另一面,信任能为大家带来一场令人难忘的浏览之旅。

          再次感激!

          この度は知乎游戏、许知远先生よりお招きいただきまして、誠にありがとうございます。片岡ともです。

          昔日本のバブル時代は一体どんな光景あったのか?

          どれほど繁栄に達したのか?

          ・前置き

          自分はバブル時代の後半を、ギリギリ体験した感じです。

          1987~1992くらいの時期を、渋谷・新宿で過ごしました。

          出版社で企画をやっていました。

          ・バブルの光景:箇条書き

          給料とは別に、ボーナスが年に4回くらいありました。

          社員旅行は、ハワイかグアム。

          住居費用も、全て会社負担でした。

          車は自分が買ったのとは別に、会社も買ってくれました。

          ・当時の、よくある1日の様子:散財の日々

          朝、会社まで車で通勤。

          (電車で10分の距離なのに面倒くさくて)

          会社帰り、パチンコ屋で3万くらい使う。

          夕食、鮨で5000円くらい。

          みんなでカラオケバーに寄り、2万円くらい使う。

          最後に駐車代で、1万円くらい(1時間600円)

          ・当時の、よくある仕事中のバイト?:サクラ志願者

          出社すると、いきなり上司に、他社の面接に行くように言われる。

          面接会場では、ただ居るだけで、帰りに封筒をくれる。

          中身は大体3万円くらい。

          上司に封筒を渡すと、お小遣いに貰っておきなさいと言われる。

          今では、考えれない光景だと思います。

          ___

          今の私たちにどういう啓発が得られるのか?」

          楽しいことを、楽しいと感じるのは良いけど、

          それに慣れすぎてしまうと、「普通」を辛く感じてしまう。

          楽しいことが終わっても、早く次の楽しいことをしないと!

          何もしていないと勿体ない! 夜に寝るのも勿体ない!

          これは、自分が本当にやりたいことで、時間がない・徹夜するのとは違う。

          「楽しいこと中毒」は、中身のない、見せかけの幸せだと思う。

          また、许知远先生がご執筆なさっている知乎コラム内容につきまして、新鮮感の膨らんだビジョンでアピールされた「日本」というものに、深く懂得させられたい我々にとっては、正しく忘れられない旅の途中だと思っております。

          片岡ともでした。